イソフラボンで健康維持を

イソフラボン、摂り過ぎには注意?

身近で手軽な栄養成分として有名なイソフラボン、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た成分のため、美肌やバストアップに効果的で、しかも豆乳で簡単に摂ることができるので女性にとっては嬉しいですよね。

しかし、簡単に摂れてしまうからこそ気を付けなければならないこともあります。それはイソフラボンの過剰摂取です。日本人の食卓には大豆製品が多く並びます。豆腐に納豆、油揚げ、醤油、味噌、などなど、普段、意識してなくても知らないうちに摂れている成分がイソフラボンなのです。

イソフラボンの摂り過ぎは却って体に悪影響を及ぼすこともあります。ホルモンバランスが崩れると生理痛がひどくなったり更年期障害が悪化することも考えられます。特に妊娠中のお母さんが豆乳を摂取しすぎると胎児にとってアレルギーの原因になってしまうこともあります。妊娠中は赤ちゃんに良いものをとついローカロリーでヘルシーなイメージのある豆乳を飲んでしまう方も多いようですが、妊娠によって女性ホルモンが普段より多く分泌されている時期なので、サプリメントで上乗せして摂ることはやめましょう。普段の食生活を振り返りバランスを取りながら適性の量を摂ることがとても大切です。

↑ PAGE TOP